Thunderbolt Display のジリジリ異音で感電した話

Thunderbolt Display ジリジリ異音

Thunderbolt Display のジリジリ異音は危険!

いつも通り何気なく使っているThunderbolt Displayから「ジ〜〜〜〜」とか、「ジリジリジリ」とか音がする場合があります。

その異音の正体は内部機器の電源回路のどこかに異常が生じている時に発生する症状です。

この状態をどうにかしようと興味本位で内部を開けて確認したときです。

どこに触れたのかは正確に覚えていないのですが、体に今まで感じたことの無いような電気ショックを受けました。直後から心臓がドクッ!!ドクッ!!ドクッ!!っと、鼓動が止まってしまうかと思うほどの衝撃を喰らったことを覚えています。

感電したこと自体が初めての経験だったので、数十分経って落ち着いてから「これ感電だよね?」って感じで、貴重な体験というか危険な体験をしました(^_^;)

思い知らされました。素人がむやみに本体を解剖するもんじゃないなと(笑) スティーブ・ジョブスはアップルの全製品を解剖できてしまうことを非常に嫌がったと言います。開け難いようにさせつつも、内部の美しさも保ったといいますからまさに変人です(笑)

そんな話を思い出し、左手のしびれが2日ぐらい治まりませんでした。

ジリジリ異音の場合、即電源コンセントを抜きましょう

前述の感電の経験から、ジリジリ異音は即修理サービスへ直行させることをオススメします。

ジリジリと音が発生しているということと、感電したという事実から、おそらく漏電していることは間違いないかと思います。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、台風直後に電線がたわんでいたり、切れていて「ジ======!」というような、強いジリジリ音と同じようなものです。

電力会社のCMでそのような電線を見かけたときは近づかないでくださいという、CMを見たことがあります。

あなたもThunderbolt Displayも、今ジリジリと異音を発生しているのであれば、直ちに電源コンセントを抜くか、背面の接続部から引っこ抜いてください。

背面の原料はアルミニウム。高電圧送電線もほぼアルミが使われている。

Thuberbolt Displayの背面ボディはご存知の通り、アルミニウムが使われています。

そして、ほとんどの高電圧な送電線もアルミニウムが採用されているという事実です。何やら銅の2倍は電気を流せるようです。

商品名の通り、サンダーボルト(落雷)を喰らってしまってはたまりませんから、電源を抜いてすぐに修理サービスに依頼するか、廃棄を検討しましょう。

そのまま使い続けるのは非常に危険なので、絶対に電源をつけないようにしてください。

粗大ごみとして出してしまえば逆にお金が掛かかってしまいますが、修理サービスであれば復活も可能かと思います。修理を検討したいという方は、ぜひ下記の記事が参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

AppleにThunderbolt Displayの修理をお願いしたら…

2019.10.31

友人・知人のアナログ経営者にも参考になるかも?!

IT一年生 公式メールマガジンのご登録はこちら

【メルマガ特典】
あなたのスマホ代が月々2,000円になる方法を
無料プレゼント

「IT一年生 公式メルマガ」では「ITコンサルタント 澤木 光一」が、ITに関するさらに踏み込んだ具体事例や研究結果など、あなたの仕事や生活に役立つ情報のみをお伝えしています。

ご購読者の方にはホームページやSNSを通して、お客さんを集めたり、ITを活用して業務を自動化したり、ネット広告の仕組みを導入して売上をアップできるようになる方法など、様々なアドバイスをお伝えしています。

また、ご質問にもお答えしておりますので、ぜひご登録ください!

今ならご登録いただくと限定特典として、「あなたのスマホ代が月々2,000円になる方法」をプレゼントしています。

日本国内でスマートフォンを持っている方であれば、誰でもお得になる方法です。また、海外出張などされる方にも、ぜひご利用されたほうが良い方法です。

購読解除はいつでもできますので、ぜひこの機会にご登録ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です