スマホ代が激安に!格安SIMに乗り換える全体像「5ステップ」

管理人
WEBコンサルタント
澤木 光一
いま現在、docomo、au、Softbankの大手3社を使っている人は、ぜひこの記事を見ながら試してみて下さい!
月々の携帯代を半額以下に出来ますからね(笑)今回はそれを実現する「格安SIM」に乗り換えるための全体像をお伝えします!

ところで、「格安SIM」って一体何なのさ?
というあなたのために、まずはその言葉の意味を、軽く押さえておきましょう。

格安SIM
簡単に言うと、docomoや、au、Softbankの”回線のみ”を借りて、他の通信会社が展開している独自の通信サービスのことを指します。あなたのスマートフォンには必ずSIMカードというICチップが入っていて、そこに通信に必要な情報がすべて入っています。
こんなやつです。

低料金でサービスを展開している企業が発行するSIMカードなので、「格安SIM」といいます。

この記事では、格安SIM乗り換えに必要な流れを「5ステップ」でご紹介します。全体概要を理解して、どのような流れで乗り換えればよいのか明確に分かるようになります!

それでは見ていきましょう^_^

STEP1 – スマホの利用状況を確認

まずはあなたが格安SIMに向いているか確認

まずはあなた自身の生活や、スマホの使い方で向いている人と、向いていない人に分かれます。向いていない人でも各社サービスによってはカバー出来る場合があったり、多少知識を知っておくことでクリアできる場合もあります。あなたはどちらのタイプでしょうか?

向いている人

  • 電話を自分から掛けることが少ない
  • 外で動画や画像
  • 電話はLINE通話や、スカイプで代用できる
  • 自宅や、会社にWiFiがある

向いていない人

  • WiFiと4G回線の違いが分からない
  • 通話し放題は絶対必要
  • 外出時に動画、音楽、画像をたくさん使用する
  • 仕事で”電話番号”をガンガン使う人
  • 自宅や、会社にWiFiがない

メリット・デメリットを確認

まずは現在お使いの会社と、格安SIM会社のメリット・デメリットの違いを把握しておきましょう。細かく分けると各社違いはありますが、大まかに把握しておきましょう。

メリット

  • 月々の料金が激安(¥1,000~¥4,000ぐらい)
  • 2年縛りが無い
  • 海外渡航先で現地SIMカードと入れ替えて、現地で日本と同じように使用できる
  • 好きな端末にいつでも変更することが出来る
  • テザリング今まで通り使える

デメリット

  • キャリアメールが無い(~@docomo.ne.jp、~@i.softbank.ne.jpなど)
  • LINEのID検索がスマホからできない(PC版LINEからであれば可能)

スマホを買い換える必要はあるか?

スマートフォン端末には2種類のタイプが存在します。それは「SIMロック端末」と、「SIMフリー端末」の2種類です。まずは自分がどちらの端末を使用しているか把握しましょう。通常、大手3キャリア(docomo, au, softbank)で契約しているのであれば、現在お使いの端末は「SIMロック端末」と思ってもらってOKです。格安SIMは大手3キャリアの回線を借りて運用しています。その関係で、SIMロック端末であっても、契約先の格安SIMの回線が、同じキャリアの回線であればSIMロック端末のまま、乗り換えることも可能です。詳細は契約先の格安SIMのホームページや、問い合わせ窓口で確認してみましょう。

スマホのローン残高を確認

例えばiPhoneを購入して2年契約の場合、端末代金をローン払いにして月々の支払いをしている人は多いと思います。その為、まずは月々の明細書を見て、ローン払いになっているか確認しましょう。ローン払い担っている場合は、解約時に一括で返済しなければならないのでご注意下さいね!

月々のデータ使用量を確認

あなたはスマホで写真や動画をよく見ますか?見るという場合には、必ず自分が月々どのぐらいデータを使用しているか確認しましょう!

STEP2 – 格安SIMのキャリアを選ぶ

スマホ端末を選ぶ

SIMロックが無事解除、または、SIMフリー端末を既に使用していれば問題ありませんが、そうでなければ新たに端末を調達する必要があります。中古品を選ぶ際には赤ロムと呼ばれる、端末の残債が残っていたり、アクティベーションロックがかかっている端末は後々面倒なことになるので避けるようにしましょう。契約先の格安SIM会社によっては、端末の同時購入できるサービスもありますので、そちらも確認してから考えてみましょう。

  • ネットで買う(Amazon, ヤフオク, メルカリなど)
  • メルカリで買う
  • Amazonで買う
  • 家電量販店で買う

格安SIMのキャリアを選ぶ

様々な特徴を持ったキャリアがでてきていますので、あなたにあった会社を1社選んで下さい。料金や、プラン、時間帯による回線速度が落ちるなど、各社評判がありますのでよくネットなどで調べましょう。

SIMカードサイズを選ぶ

使用した端末によってSIMカードの種類が違います。標準SIM、micro SIM、nano SIMと3種類ありますので、必ずあなたの端末のサイズを提供してくれているか事前に確認しましょう。

プランを選ぶ

プランはそれこそ各社様々です。大体、大手3キャリアから移行するのであれば、「音声通話+データ通信」のプランを選ぶことになると思います。その際、データ通信に関しては何ギガを選ぶか選択する必要がありますので、事前に確認しておいたデータ通信量の目安を参考に、プランを選びましょう。契約後、足りなければ後からプランを変更することもできます。不安であれば、窓口に直接問い合わせてみましょう。

MNP予約番号を取得する(電話番号を引き継ぐ場合)

電話番号を取得する場合はMNP予約番号を取得しておきましょう。この予約番号が無ければ電話番号を引き継いで、使用することができないのでご注意下さい。

STEP3 – 申し込む

クレジットカードを確認する

格安SIM各社はクレジットカードで支払をすることがほとんどです。クレジットカードを持っていない場合は、管理人がメインで使っている下記のクレジットカードがオススメです。三井住友VISAカードのANAカードがマイルへの還元率が非常に良く、最もオススメの1枚です。審査に関して心配な方は、楽天カードをオススメします。楽天は儲かっている企業なので、他の会社で落ちた人でも発行できる場合が多いようです。私は生活に掛かる経費は全てカードで支払い、ANAのマイルに交換して毎年必ず3回以上、海外旅行を楽しんでいます^_^

  • 三井住友VISAカード ANAカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード

Webから申し込む

各社オフィシャルサイトより、「お申し込みはこちら」など目立つボタンがあるので、そちらから直接申し込みが可能です。

店頭で申し込む

格安SIM会社によって違いますが、申し込みができる店頭を設けている会社もあります。Webからのお申し込みが苦手という方は、店頭からスタッフの方と直接やり取りしながらお申し込みできますので、大手3キャリアのように分からないことは直接聞きながら対応していただけます。

Amazonなど、ネットショップで申し込みパックを購入

Amazon、楽天、ヤフーショッピングなど、Webから直接スターターパックを購入することができます。ちなみに管理人はこの方法でやりましたが、非常にスムーズに申し込むことができました。

STEP4 – セットアップ

SIMカードを受け取る

Web申し込みの場合は郵送、店頭申込の場合はその場か、後日郵送になることがほとんどです。

SIMカードを端末に入れる

受け取ったSIMカードをあなたの端末に挿入します。その際は専用ピンで小さい穴に差し込んでSIMカードのトレイを取り出して下さい。手元に無ければ爪楊枝で代用できる場合もあります。

説明書を見ながら設定

SIMカードと一緒に説明書が同封されていますので、それを見ながらAPN設定を行います。ちなみにAPN設定とは「アクセス・ポイント・ネーム」の略で、格安SIM会社のサーバへ接続するように初期設定を行い、通信ができるようにすることを言います。わずか数ステップ程の作業なので、説明書を見れば簡単に設定することができます。

格安SIM回線の接続確認

APN設定が完了したら、次はいよいよ回線が繋がるかテストを実施します。

バックアップデータの移行

電話帳や、写真、メールなどのデータを新しい端末に移行します。オススメの方法はGmailや、Googleカレンダーなどのクラウドツールを使用して、一度クラウド上にデータをバックアップしてから、新しい端末でそれを同期させると楽に移行が完了します。

STEP5 – 電話とネットの使い方を覚える

音声通話の知識を把握する

音声通話に関しては、話し放題のサービスは大手3代キャリアと同額であることが多いですが、各社専用アプリなど使用することで通話料を安くすることが可能です。「電話番号」を使って通話する場合には、そういったお得なアプリを使用して、そうでない場合は「LINE通話」や、「スカイプ」、「facetime」などを使うことで通話料を抑えるように意識しながら使っていきましょう。

データ使用量に関する知識を把握する

自宅や、会社にWiFiがある場合は、自動的に切り替わるように設定を確認しておきましょう。自動的に切り替わることで、データ使用量を抑えることができます。外出時や、移動中にデータ通信量が不足すると不便なことだらけになってしまいます。賢く使い分けて、必要な時に存分に活用できるよう、意識して使うようにしましょう。また、音楽や、動画などデータ通信をたくさん要するものは、スマホ側に保存するなどして、オフラインで再生できるように心がけましょう。

格安SIMに変えた結果…

管理人
WEBコンサルタント
澤木 光一
格安SIMに変更するまでの全体像をお伝えしてきましたがいかがでしたか?一度乗り換えて、使い方に慣れてしまえば、その料金の安さにあなたも驚くことと思います!

しかも、単月の話ではなく、”毎月”安くなるのですから、やらない手はありません。ぜひあなたにもチャレンジしていただきたいと思っています!

最後に私の毎月の請求額を証拠としてのせておきます。使用端末は「iPhone7」電話番号も15年はそのままです。ちなみにインターネット回線は毎月10GBです。しかもファミリータイプというプランに加入していて、iPhone7、Androidスマホ、iPad Proの3台の端末に全てSIMカード入れていますが、全部合わせての請求額です。驚きじゃないですか?!(笑)

不明点やご質問などあれば、下記のコメント欄より、お気軽に連絡くださいね!

友人・知人のアナログ経営者にも参考になるかも?!

IT一年生 公式メールマガジンのご登録はこちら

【メルマガ特典】
あなたのスマホ代が月々2,000円になる方法を
無料プレゼント

「IT一年生 公式メルマガ」では「ITコンサルタント 澤木 光一」が、ITに関するさらに踏み込んだ具体事例や研究結果など、あなたの仕事や生活に役立つ情報のみをお伝えしています。

ご購読者の方にはホームページやSNSを通して、お客さんを集めたり、ITを活用して業務を自動化したり、ネット広告の仕組みを導入して売上をアップできるようになる方法など、様々なアドバイスをお伝えしています。

また、ご質問にもお答えしておりますので、ぜひご登録ください!

今ならご登録いただくと限定特典として、「あなたのスマホ代が月々2,000円になる方法」をプレゼントしています。

日本国内でスマートフォンを持っている方であれば、誰でもお得になる方法です。また、海外出張などされる方にも、ぜひご利用されたほうが良い方法です。

購読解除はいつでもできますので、ぜひこの機会にご登録ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です