AppleにThunderbolt Displayの修理をお願いしたら…

Thunderbolt Display 修理

AppleのThunderbolt Display修理代は高い!

仕事中に急にブラックアウトしてしまい、ネットの記事を読み漁って原因を探しました。そこで自分のThunderbolt Displayが遂に逝ってしまったことを確認し、とりあえず正規修理であるAppleに電話をしました。

すると修理代は締めて¥56,000掛かるということでした。正規修理ですから、そりゃそれぐらいの代金がかかってもおかしくないと思います。Appleは他の機種やOSでもそうですが、何かと新機種への移行を促すように全体的にビジネスが設計されています。

仮に、安い価格で修理を請求してしまうと、新機種への移行がすすみませんし、サポートもだらだらと提供し続けなければなりません。ですから、本当は修理を安く提供できるのですが、敢えてそうしていないのではないかと考えています。

AppleのThunderbolt Display 修理窓口はこちら

ちなみに価格は高くてもいいからAppleに正規修理を依頼されたいという方のために、依頼までの流れもご案内しておきます。

Thunderbolt Display修理の依頼手順

  1. シリアルナンバーを用意する
    (Thunderbolt Displayの台座裏に記載されています)
  2. Appleサポートページにアクセス
  3. 「もっと見る」をクリック
  4. 「Macアクセサリ」欄の「ディスプレイ、キーボード、マウス」をクリック
  5. 「ディスプレイ」をクリック
  6. 「※任意の症状」をクリック
  7. 「今すぐアドバイザーと話がしたい」(電話)か、「チャット」をクリック
  8. 用意しておいたシリアルナンバーを入力
  9. アドバイザーとのやり取り開始

正規修理といえど直らないこともあるらしい…

過去にThunderbolt Displayの修理について情報を探していたところ、Appleへの正規修理を依頼したが、3回も送り返してやっと直ったという方の記事をみたことがあります。高額な費用を払っても、完全に直らない場合もあるそうです。

でしたらそんな高額な費用を払って、しかも多くの時間を使って修理を依頼するのはどうなのでしょうか? 費用が安ければ話は別ですが、修理費用56,000円も払って、何回も送り返さなければならないとしたら…

私なら面倒臭くてやってられません。その分の時間を仕事にあてたいですね。あなたも別のディスプレイへの買い替え費用と、修理の費用を天秤にかけているのではないでしょうか?

そんな状況で八方塞がりな方のために、下記のサービスを運営しています。よろしければ、一度ご覧ください!

Thunderbolt Display 修理サービス 一律価格(¥34,800)

もう面倒だから、処分してしまおうかと検討されている方はこちら

Thunderbolt Displayを買い取ります【ジャンクもOK】

2019.11.01
修理するよりリスクは相当高いですが、中古品の再購入を検討されている方はこちら

Apple Thunderbolt Displayの壊れない中古を選ぶ方法

2019.11.05

友人・知人のアナログ経営者にも参考になるかも?!

IT一年生 公式メールマガジンのご登録はこちら

【メルマガ特典】
あなたのスマホ代が月々2,000円になる方法を
無料プレゼント

「IT一年生 公式メルマガ」では「ITコンサルタント 澤木 光一」が、ITに関するさらに踏み込んだ具体事例や研究結果など、あなたの仕事や生活に役立つ情報のみをお伝えしています。

ご購読者の方にはホームページやSNSを通して、お客さんを集めたり、ITを活用して業務を自動化したり、ネット広告の仕組みを導入して売上をアップできるようになる方法など、様々なアドバイスをお伝えしています。

また、ご質問にもお答えしておりますので、ぜひご登録ください!

今ならご登録いただくと限定特典として、「あなたのスマホ代が月々2,000円になる方法」をプレゼントしています。

日本国内でスマートフォンを持っている方であれば、誰でもお得になる方法です。また、海外出張などされる方にも、ぜひご利用されたほうが良い方法です。

購読解除はいつでもできますので、ぜひこの機会にご登録ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です